モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

プロテッジ(ハンドボールショップ)訪問記

   

 

ハンドボールを愛するみなさん!こ~んば~んは~!!

あなたはスマホ、もしくはパソコンでこのページを冷たい目で見ていることでしょう。

しかし!画面の向こうではNHKの佐藤ひろみちお兄さんのような笑顔であなたを出迎えていますよ?

 

そんなことを伝えにきたんじゃありません。

わざわざTwitterで2日前に速報を流した意味がなくなってしまうではありませんか!

プロテッジ

 

すぐに5ファボもいただいて嬉しいかぎり!

リツイートもしてくださいとは死んでも言えません。リツイートしてください!

 

そしてとうとうこの日がやってきました。

もうタイトルで軽くネタバレしてるあたりが辛いところです。

そうです。「プロテッジ」というハンドボールネットショップを運営している場所へお伺いしてきました!

なぜこれが耳寄り情報か、ふふふ。

プロテッジさんは2015年7月31日からオープン。

つまり!まだ始まって3ヶ月も経っていない、「昔は」可愛かったあなたのあの頃のような時期なんです!

※男はイケメンになって、女性は美しすぎて可愛いでは表現できないという意味にとらえてください←

 

ハンドボール専門店は日本ではかなり珍しいです。

有名そうなところだと、impal(インパル)・TRANSISTAR(トランジスタ)、私はよく知りませんが、GHBPもかな?

とりあえず、どこも何年と続いているところです。

しかし、プロテッジはまだ3ヶ月ほど。ですがもうすでに数チームからオーダーメイドの申し込みも頂いているそうです。

プロテッジの商品紹介はこちら↓↓

プロテッジの詳細

 

商品紹介しているページとは別に、こちらでは私がこの日、2015年10月23日の出来事、そしてプロテッジさんの取材内容についてお話していきます!

日常的な部分も出てきますので、日記感覚でお楽しみください。

ちなみに、ハンドボール完全網羅マニュアルの中の人の人間味もあふれ出ています。見たくない人は商品紹介の方へ今すぐとんでくださいね!

 

 

名刺事件

 

時は2015年10月23日(金)、とうとうアートワークス(プロテッジを運営している会社)を訪問する日がやってきた。

この日がくるまで何度スーツで行くべきか悩んだか。。最終的には清楚感MAXな服装にクツはビジネスシューズで。

 

だがしかし、同じくらい大事なことを私は軽視していました。

「名刺いらなくね?年齢もあれだし(鼻ホジホジ)」

※突然ですが私は大学生です。名刺を作ったことはまだありませんでした。

ですがもしもプロテッジさんに不快な思いをさせてしまっては・・・!

と思い、名刺を作る・・・のではなくとりあえずググる。

(このとき当日23日の11時ごろ。プロテッジ訪問は14時頃を予定)←ここ重要

 

グーグル先生の答えはこれ。

「企業に出向くのに名刺がないなんてありえねーよww社会なめすぎwww」

どうやらベチョベチョになるまでなめすぎていたようです。

名刺を渡さないことは自分を明かさないことと同じで、信頼に置けない人と思われると。

「超特急で作らねば!!!」

(このとき11時半。タイムリミットまで2時間半)

 

ひたすら今すぐ名刺を作れる方法を探しました。ここは省略。

そしてたどり着いたのが、BiziCardというアプリ。

「これならすぐできる!ワレ勝ち組ナリ、ウハハハハ!」

調子に乗ったのも一瞬。巷でブームの「おにぎらず」を食べているときだけでした。

これ↓

おにぎらず

 

ちゃちゃっとこれを食べて、ローソンで名刺を発行する。

「おれの名前が1枚40円かよ、安いもんだ」

と、ウザキャラが爆発している。本当に爆発してしまえばいいのにと何人が思ったことか。え?9割が思ったって?

ぜひコップの下に敷くコースターにでも活用してあげてください。

 

そして印刷された私の名刺がプリンターから出てくる。

ここで緊急事態発生!!

 

「あれ?薄くないか!??」

出てきたものはまるで私の価値を表現するかのように薄い名刺。。

名刺って、厚紙ぐらいの厚さなんですけど、私の名刺(私の価値?)は普通の2分の1ほどでした。

 

しかしもう他に方法はない!遅刻するのが一番失礼だ!急げ!Bダッシュ!←ネタが古い

プロテッジを運営しているアートワークスさんの最寄駅、神戸三宮まで約1時間。

その間に必死にビジネスマナーを叩き込む。特に名刺交換。

Youtubeで見て学び、脳内パラレルワールド(空想)で5回予行演習しておきました。

 

そして無事三宮に到着!(確か13時40分ごろ)

だがしかし!まだ準備は終わっていない。

社会人なら分かるかもしれないが、初めての名刺交換に必要なのは名刺だけじゃない。

そう!名刺入れが必要なのである!

迷わずダイソー(100円均一)を探す。とりあえず選ぶ暇はないので仕方なく。。

ですが今の100均はすごいです。これがその名刺入れ、クオリティの高さすげぇ!

名刺入れ

 

 

ここでダイソーでやることはまだ終わらない。

少し前にさかのぼって、コンビニのプリンターで名刺を発行したときのこと。

まさかと思いましたよ?

1枚の紙に10枚の名刺が載っており、他にあるのはアバウトな点線のみ。

こいつが下した命令はこう。

「自分で切り分けろ」

え?名刺ってそういうものだったの?もっとこう、クールなイメージがあったんだけど!?

 

逆らう暇もなく、ハサミをローソンの店員さんに借りる。

しかし後から1枚だけしか切っていないことに気づき、またダイソーで切る事態に。。

名刺に載っている個人情報丸見えのバレバレでどれだけ恥ずかしかったか(自業自得)。。

このときすでに14時10分。

幸い、13時ごろだが14時半ごろにお伺いするとメールを送っておきました。

 

次からは数日前から準備をすることを心に決めた1日。

そして、名刺は常に持っておこうと決意した良いきっかけになりました。

ここまでハンドボールの話はまだ1度も出ていません(笑)

 

アートワークス(プロテッジ)訪問!

 

この記事の本題がとうとうやってきました。

より詳しい内容はもう1つの記事で記載していきます。

 

14時40分ごろ、アートワークスの本拠地のビルに到着!

アートワークス プロテッジ

「ここ」でくくった6階にあります。

 

エレベーターを上りながら名刺交換の呪文を唱える(練習)。

そして入り口に到着!ドアがあって、ノック式のようです。

コンコンと音を鳴らして、「すみません!」

この時点で何者か名乗っていなかったことを忘れていたのを後から気づく。

そう、頭の中ではすでにこの時点で名刺交換が繰り広げられていたのだ!!

プロテッジさん側が警戒せずにドアを開けてくださってから挨拶。

「本日取材のお願いをさせていただきました、○○と申します。」

 

中に入れてくださり案内してもらい、まずはお待ちかねの初名刺交換。

薄っぺらい名刺の件を軽く謝罪する。

「私の価値がしょぼくてすみません!」じゃなくて、「簡単な名刺になってすみません!」と。

今考えると、「簡単な名刺」という日本語は存在するのかも怪しいところです。

そしてプロテッジの方々はその薄さに内心驚いていたと思っていたのですがどうだったのでしょう。もちろん今までの過程をバラしていないので聞けませんでした。

しかしこの記事を見てくれていると思うので、この日のことは全て知られてしまいます(笑)

100均の名刺入れにも気づいていなかったはずですが、もう隠すも何もありません。

この場を借りて、準備が稚拙だったことをお詫び申し上げますm(_ _)m

 

 

そしてもろもろが終わり、早速実際の商品を手にとらせていただきました!

Tシャツの生地には特に驚かされました。すごかったですよ。

もう私は現役のハンドボールプレーヤーではないので買いはしませんでしたが、もし今もハンドボーラーなら迷わずこの生地のTシャツを着ます。

 

プロテッジさんの商品の詳細はこちらの記事にまとめております↓↓

プロテッジの詳細

 

いや~、驚きの情報が載っていますが、見たくない人は見なくて構いませんので。

 

 

プロテッジはアートワークス社長の田坂さんと、店長の山田さん、それからプロのデザイナーさんの方々が運営されております。

山田さんが実際にハンドボールの経験者。

そして現役だった頃、兵庫県の高校でインターハイ3位タイになっており、

現在は小学校のハンドボールコーチをしていて、なんとその指導しているチームが全国にいって新聞に載るというまるでマンガの鬼コーチのような展開。

ハンドボールが大好きな人で笑顔がとても素敵なキレイな人でした。

 

プロテッジの商品のビックリな詳細は別に書いた記事を見て下さいね!

 

2015年8月からプロテッジを運営しており、

これからどんどんハンドボールの大会等とコラボしていきどんどん知名度は上がっていきます。

私はほぼ確実にプロテッジはハンドボール業界で有名になるだろうと予測しています。

根拠は簡単!

実際に商品を目で見て手で触れて感じたからです。

使ってみればその意味も簡単に分かります。

 

 

1時間にわたるお話を聞かせていただき、取材は終了しました。

最後に私は、

「プロテッジさんをもっと身近に感じてもらえるようにするために、雰囲気の伝わる写真を撮らせてください」

と頭で言いました。

実際に口で言ったのはたしか、

「撮れるものは撮らせてください」。

もっとマナーを勉強しなければと痛感しました。。

 

しかしプロテッジの方々はそんな私の無茶な言葉にも対応してくれました。

初めて?顔出しOKを出してくれた社長の田坂さんと店長の山田さんです!!

プロテッジ

顔出しは拒否していましたが、最終的には快く受け入れてくれました。感謝です!!

 

写真のTシャツにトレーナーはほんの一部。

ゲームパンツやパーカー、iphoneケースもあり、全部で現在800点

プロテッジがオープンして3ヶ月経たずしてこんなにも商品数を増やしてきています。

今後が楽しみで仕方ありません。

 

余談ですが、田坂さんから金言、素晴らしいお言葉をいただきました。

 

「人生勢い。失敗したら次にいけばいい。迷ってる暇があったらやったほうがいい。失敗から学べることがたくさんある。」

 

これ、ハンドボールのプレーにも当てはまると思いませんか?

失敗を恐れて挑戦をしないのでは、挑戦しないことそれ自体が失敗です。

むしろ、とりあえず挑戦してみて失敗したほうが良いと。それならそこから学べることがたくさんある。

極端な話、初心者がいきなりスカイプレーをやってみるもそう。

できると信じてまずはやってみた方がいい。成功するかもしれない。

もちろん失敗する可能性もあるが、もし失敗してもその経験は次に生かしてまた違うことに挑戦していけばいいんです。

気づいた頃にはスカイプレーも出来るようになっているでしょう。

 

な、なんて深いんだ・・・。そしてシンプルだけど意外と出来ない重要なことです!

その当たり前のようで普通にはできないことをやっているからこそプロテッジは生まれたのだと思います。

これからもアートワークスさんはずっとチャレンジの姿勢で進むでしょう。

だからこそ、プロテッジはどんどんハンドボール界に進出していき、すぐにでも有名になっていくはずです。

 

(リンク)

その後、in神戸

 

※ここからはハンドボール完全網羅マニュアルの中の人の日記のみ☆

 

取材が終わって残すは帰宅のみ。

しかし、初めて歩いた三宮はもういろいろすごかったです。

私も結構都会の町に住んでいるんですが、ここはもう東京の中心地レベル!!

 

これすごいと思ったのは私だけでしょうか??

道路の通路の幅がめちゃくちゃ広い!!これって普通じゃないですよね?

奥のタクシーが良い感じに参考になります、あれ1台丸まるスッポリ白線の内側に収まる広さ!!

 

さらに駅に戻って歩いていくと、もう話のネタがありすぎです。

なんかもう意味もなくとりあえずアイフォンでパノラマビューを取り出す田舎の人間っぷりを発揮。

 

ルイヴィトンのお店を見つけては、田舎の人間に思われないようにさりげな~く無音で歩きながらサッとアルバムに収めるテクニックを披露。

 

 

そしてきわめつけはこれ!

以前から三宮には「世界で2番目に美味しい焼きたてメロンパンアイス」があると聞いていたので探しました。

そして歩いて発見!すかさずパシャリ!

2番目 メロンパンアイス

 

もちろん並びました。3分ほど待って冷静に考えたとき、

「あれ?友達連れ多くないか?てか1人で並んでるの自分だけ!?」

それを悟った瞬間、電話が来たフリをして途中で抜け出す。

一旦都会の象徴、「東急ハンズ」に入って時間を潰す一人ぼっちの私。

 

満を持してメロンパンアイスに再び向かう!

しかしまたも友達連ればかり・・・!!

ここで今度は並びにきた素振りを見せないようにしてそのままお店の横をスーっと歩き去ってやりました。

「次見たときは食べてやるんだから!」

※たまたまその日の翌日に食べました(笑)

 

 

 

そんなこんなでハンドボール専門ネットショップ、プロテッジの取材訪問の1日はおしまい。

色々ありましたが、私自身学んだことがたくさんあった1日です。

そして、ハンドボールが大好きな人に新しく出来た、これからどんどん有名になるであろうお店を知ってもらえたことを嬉しく思います。

プロテッジはこれからますます人気になっていくと思うので、

予約数ヶ月待ちになる前に目をつけて置いたほうが賢い選択でしょう。

 

→→→プロテッジの詳細

 

 

 - ハンドボール

Top