モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

図から学べ!ディフェンスの失敗例

 

ここでは、図を見てハンドボールのディフェンスの失敗例を3枚だしていきます。

どんな状態が負けていると言えるのか、相手にとってシュートを決めやすいのかを見ていきましょう!

 

 

 

1.矢印右 青チェック
ディフェンス失敗例3

 

一枚目はこちらです。

まず見てわかるとおり、完全に間を割られていますよね?

そして、右側の1対1で抜かれたであろうディフェンスは、姿勢が崩れ、この後はほぼ間違いなく倒れているでしょう。このディフェンダーの問題点がなにか、ここが大事です。

この右側のプレーヤーは、足をもっていけていません。最後は手で守る、そんな状態になってしまっています。手だけで守れるほどハンドボールはやわらかいスポーツじゃありませんよね。激しいあたりのあるものです。

加えて、手だけで守ると、カードつきのファウルをもらうリスクがあります。何も良いことはありません。

 

左側のディフェンスは、完全にフォローが遅れてしまっている状況ですね。こちらは場合にもよります。もしも、このオフェンスが1対1を8mあたりから始めていれば、仕方がない部分もあります。まぁこの右のディフェンスのプレーヤーを見れば多分そうなので、画像を見た感じ、今回左の選手はしょうがないとしておきます。

 


 

 

2.矢印右 青チェックディフェンス失敗例

2枚目です。

これは1対1のスイングフェイントのシーンですね。この後はオフェンスが抜き去っているでしょう。

なぜなら、ディフェンスの足がまったく追いついていない、正面に入れていないからです。この後無理に追ったとしても、間違いなくカードをもらうファウルを取られてしまうだけでしょう。つまり、もうこうなった時点で負けは確定しています。こうなる前に対処が必要なんですよね。

この画像から学べることをまとめると、

オフェンスの正面にしっかりと入る、そのためにも足をついていかせるフットワークが大事!ということ。

 


 

 

 

3.矢印右 青チェックディフェンス失敗例2

 

3枚目です。

これはサイドと45度のディフェンスの間を抜かれたシーンです。

これを見ていえるのは、まずオフェンスの正面に入れていないこと。そのため手でディフェンスしにいってしまっていることですね。

加えて、この図にはもっと指摘しなければいけないところがあります。それが、、、

 

ディフェンスの腰たけーよ!

ということ。ほぼ棒立ち状態に近いですよね。これでは相手のパワーで押し込まれたときに耐える支えがありません。

腰を低くすればレンガの壁のように固く、高ければこんにゃくのようにへなちょこの壁同然です。

常に腰を低くするということは意識しておくことが必要です!

 


 

 

 

いかがでしたか?

ハンドボールのディフェンスは写真からも学べることはたくさんあります。

自分のディフェンス動画を撮ってもらって分析するなんて最高ですね。

 

技術が上手くさせます。しかし、意識を加えることでもっと上手くさせます。

技術はすぐにつきませんが、意識は今すぐにつけることができます。

 

 

back title → 攻守逆転パスカットと自由にさせないドリブルカットのコツ!

 

next title → ポジション別ハンドボール攻略

 

 

Top