モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

シュートブロックでキーパーと連携せよ!

 

シュートブロック

 

センターもしくは45度を守るディフェンスは、シュートブロックのやり方を理解しておく必要があります。

やみくもにジャンプしても、あまり効果はなく、相手オフェンスにとって打ちにくくなる状況を作るのはそのときの運次第になってしまいます。しかし、シュートブロックの基本をしっかりと頭で覚えて体に染みこませておくことで、最小限の失点に抑えることができます。

鉄壁のディフェンスを手に入れて、試合に勝利するためにも学んでいきましょう!

 


 

 

利き腕側をブロックしてコースをつぶし、反対側のコースはキーパーに任せる。要するに、シュートコースを限定するということ。

キーパーが止めるコースを少なくすることが大事です。このページの上の写真のように、シューターの利き腕側のコースをつぶすことを意識しましょう!

 

 

Point!

 

チェックマーク 赤 ジャンプのタイミングは相手がシュートする直前!

「それじゃ遅くないですか?」という声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。逆に早く跳んでしまうと、シュートフェイントに引っかかってしまい、間単に抜かれてしまいます。

手は上げておいて、シュートする!ってときにしっかり合わせるようにジャンプしましょう!

 

チェックマーク 赤 勇気を持つ!

シュートブロックはなんだかんだいって、ビビってしまっていると相手の思い通りになってしまいます。目をつぶりながらディフェンスをするプロの選手はいますか?絶対にいません。それで守れるならわざわざ練習する人はいませんよね。

目や顔を背けない勇気は必要です。こんなことにビビっていると上手にはなれません。本当にうまくなりたいなら勇気を振り絞っていきましょう!

 

 

 

参考動画

 

 

 

シュートブロックはキーパーとの連携も大切です。苦手なコースをつぶしてあげるというのも一つの戦略です。自分のチームに一番あった方法をみんなで話し合ってみましょう。

一人では勝てません。チームみんなの能力を最大限に引き出してプレーすれば全国も夢ではありませんよ!

 

 

 

back title → 基本が大事!ディフェンス力を上げる構え

next title → 攻守逆転パスカットと自由にさせないドリブルカットのコツ!

 

Top