モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

オーバーハンドパスとサイドハンドパス

 

ハンドボールにおけるオーバーハンドパスとサイドハンドパスの投げ方の解説とポイントが書かれております。

オーバーハンドパスはあらゆる場面で使われる基本のテクニックです。この基本形をまずはしっかりと身につけていきましょう。

サイドハンドパスは相手の手をよける、意表をつくパスです。これもできるようになっておきたい技のひとつです。

 


 

 

オーバーハンドパス

 

オーバーハンドパス

 

 

肩甲骨を引き寄せるように腕を後ろに動かし、ひじは肩よりも高く、腕の振りと手首のスナップでパスを放ります。

つま先を投げる方向に向けることで、コントロールの精度を上げることができます。

 

Point!

チェックマーク 赤 ボールに縦回転を意識して投げる!

ボールを離すときに、指と手首の力を利用して、縦回転のあるパスを投げるようにします。

そうすることで、コントロールも良くなりボールをもらう側はキャッチがしやすく、次への動作がスムーズになります。

 


 

 

サイドハンドパス

 

サイドハンドパス

 

体の横で腕を振って投げるパスです。

上から投げるフリをして相手の腕を上げさせ、そこでサイドハンドに切り替える。

矢印右 青チェック 腕の振りはコンパクトに!

サイドハンドに切り替えた後に追いつかれないように、素早いコンパクトなパスを心がけましょう。

 

Point!

チェックマーク 赤 相手の手を上に上げさせる!

下がっているままでパスを放ってしまうと、簡単にカットされてしまいます。そのため、腕は大きく振り上げて、相手ディフェンスに頭の上あたりを警戒させるようにしましょう。そうすれば楽にサイドハンドパスを成功させることが可能になります。

 

 

 

back title → ラテラルパスとバウンドパス

next title → ジャンピングパスとタップパス

 

Top