モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

チームの守護神!ゴールキーパーのディフェンスのコツ!

ハンドボールキーパー

 

 

ハンドボールにおいてゴールキーパーは最後の砦。ディフェンスが抜かれてしまった後に待ち構えているのがキーパーであり、ここで止めれれば失点を防ぐことができます。

大げさに言ってしまえば、1点も入れてやらなかったら負けませんもんね。

ある意味キーパーはハンドボールで最強のポジションです。

 

ここでは、ゴールを守る上でのコツを書いています。キーパーとして試合に出るならこれは是非知っておいてほしいことなので、じっくり頭と体に覚えさせることをおすすめします!

 

 

ゴールキーパーのコツ

 

まずは基本的な姿勢からみていきましょう。

ハンドボール キーパーのコツ

 

覚えておくのは、

  • 相手シューターに正対する
  • 足の広げる広さは肩幅ぐらい
  • ひざにゆとりを持たせる
  • 上半身はやや前傾

 

シューターに正対する理由は、そうすることで、ボールが体に当たる面が広くなるためです。

あとは反応をしやすくするための工夫です。

これがハンドボールのキーパーの基本の姿勢。

 

 

 

Point! 

 

チェックマーク 赤 重心はつま先より!

 

仮にかかとに重心を置いてしまうと、対応が少し遅れてしまいます。キーパーにとってはこのコンマ何秒の動きの差で勝負が決まります

少しでも早く動いてしまうと決められやすくなり、少しでも遅く動いてしまっても決められやすいんです。

絶妙なタイミングでいつでも動き出せるように、準備はしっかりとしておきましょうね!

 

 

 

チェックマーク 赤 体の中心部から動き出す!

 

感覚で言うと、体の中心をボールにぶつけに行く感じです。これだけでゴールを守れる範囲が一気にひろくなります。

腹筋に少しの力を常に入れておくようにしましょう。

 

 

 

Step up!

 

チェックマーク 青 シュートの勢いを殺して足元に落とす!

 

これは上級者向けです。いきなり挑戦しようとすると、基本の型が崩れてしまい上達が遅くなってしまいます。きっちりと基本がコンクリートのように固まってからするようにしてくださいね!

 

勢いの吸収の仕方としては、

 

  • ボールに当たる瞬間に腕を内側にひねる
  • ひじの力を抜きながら引くように止める

 

 

これは言葉ではなかなか説明をしても伝わりません。

そのため、いろいろ考えましたが、動画をよく見てまずはモノマネをすることから始めてください。コピーしてみて、そこから自分流にアレンジを加えていく、その方法が一番かなと私は思います。

それでは、モノマネをしていきましょう!

 

参考動画↓

 

 

キーパーが強いチームは本当に強いです。

大事な場面で点数を防ぐことができて、オフェンスの士気も高まりますからね。

味方の調子が悪くてなかなか点が入らなくても、自分がシュートを止めて止めて、仲間の士気をどんどん高めてあげれるようになれば、勝利にますます近づくことができますよ!

 

 

 

back title → 陰の立役者!ポストの動きでチームが変わる!

 

next title → ハンドボール厳選動画集

 

Top