モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

7mスロー(ペナルティスロー)の駆け引き

7mスロー

 

7mスロー、またはペナルティスローと呼びますね。

シューターとキーパーの1対1の心理戦です。「相手の動きを読んでその裏をかく」が鉄則です。フェイントを入れることでキーパーの動きを予測する情報を手に入れることができます。

7mスローのコツは、簡単なパターン化したセオリーを覚えておけば、楽な気持ちで臨むことができます。何も知らないまま挑むより、最初からキーパーより有利な状況でスタートさせましょう。

 


 

 

 

星 青パターン1 キーパーの逆をつく

 

これが一番オーソドックスな7mスローのパターンです。

いかにキーパーをずらして動かすことができるか。キーパーはいかにシューターのフェイクにだまされずにシュートコースを読むことができるかが鍵です。

四隅を狙うことは肝心です。

シューターは身体を左に傾けたり、シュートフェイントをはさんだりして、キーパー少しでも反応させてその逆を狙いましょう!

 

 

星 青パターン2 股下を狙う

 

これも有効な手段です。

意外と股下は空いていることがあります。足を上げてくるキーパーには特に有効です。

このとき気をつけたいのが、コントロールです。狙いが定まらずずれてしまったらキーパーの足に当たってしまう可能性があります。日ごろから練習を重ねていきましょう。

 

 

星 青パターン3 スピンシュートを打つ

 

上級技になります。

しかし、使えるようになると、かなり効果的です。

ちなみに、ループシュートも前に出てくるキーパーには効果テキメンです。

ただ、このあたりのシュートはGKが前に出てこなかったら手の打ちようがなくなってしまうので、まずは基本的なキーパーの逆を打つ7mスローをマスターしたほうが賢い選択でしょう。

 


 

 

Point!

チェックマーク 赤  早く打ちすぎない!

1種のパターンとしてクイックシュートは方法としてOKだと思います。

しかし、やみくもに早く決め急がないほうがいいでしょう。

なぜなら、7mスローには3秒の与えられた時間があります。その時間内に駆け引きを繰り返し、相手のキーパーの動きを見極めるほうが予測してシュートを放てるからです。

駆け引きが下手という方は、クイックシュートはおすすめです。やりすぎて読まれないようにだけ気をつけましょう。

 

 

7mスローの得点が試合の勝ち負けに影響を及ぼすことは多々あります。

あのペナルティスローが決まっていれば勝っていた。そんな試合を何回もみてきました。

ここを決められるかどうかが、チームの勝利を左右するといっても過言ではありません。

 

 

 

back title → 確実に決める!ポストシュートのコツ

next title → ロングシュートのコツ!フローターの最大のお悩み

 

Top