モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

ブラインドシュートの打ち方とコツ

ブラインドシュート

 

ディフェンスの横から打つことで、相手のキーパーにとって見えにくくなる、それがハンドボールのブラインドシュートです。

シュートを打つプレーヤーが死角となるため、キーパーは反応しづらくなります。

 


 

 

ブラインドシュートの打ち方の解説とコツ

あえてDFの正面に入り、上から打つように腕を引いて相手の腕を上に上げさせる。

矢印下 木

相手の腕が上がっているのを確認し、相手の脇からシュートを打つ。

矢印右 青チェック このとき、しっかりキーパーの動きを予測して、逆側に放つことを意識

引っ掛けに打つとなると、手首のスナップが大事!

 

参考動画


 

 

Point!

チェックマーク 赤 顔を出さないで打つ!

ハンドボールのブラインドシュートでは、DFから顔を出さず、キーパーからは腕だけが見えるようにするのが理想。

そのほうが、相手は判断がしづらくなり、結果ゴールの入る確率が高くなる!

 

Step up!

チェックマーク 青 コースを読まれた場合、利き腕の反対側からシュートを打つ!

DFがサイドスローのブラインドシュートを警戒する身体の動きをしたら、OF側は反対に身体を傾け、上からボールを放つ。

そうすれば、そこでディフェンスとの駆け引きを終わり、後はキーパーの逆を打つように予測するのみ!

 

 

 

直前までディフェンスの上からシュートを打つように見せておいて、サイドスローを使ってDFの体の横から放つ。

ブラインドシュートが上手く決まれば、相手キーパーはいつボールがくるのか判断しづらくなり、余裕をなくすことができます。

余裕がなくなれば、今度はミスが増えます。そうやってどんどん相手を崩していきましょう!

 

 

 

back title → ステップシュート|攻撃の幅が広がる!

next title → ループシュートでキーパーをかわすコツ

 

Top