モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

基本!ジャンプシュートのフォームとコツ

ジャンプシュート

 

 

ハンドボールの数ある種類のシュートの中で、一番使われるのが、このジャンプシュート。

上手くなりたい!もっと速く投げたい!確率を高めたい! と思っているなら、これをまず最初にマスターしましょう。

 


 

ジャンプシュートの打ち方の解説とコツ

 

勢いをつけ、左足(左利きの人は右足)で踏み込む。

矢印右 青チェック できるだけ高くジャンプする!

滞空時間が長いほど、シュートに工夫を凝らすことが可能になる。結果、キーパーとの1対1の駆け引きを有利に進めることができる。

矢印下 木

 

空中では左肩を入れて、半身の体勢を長く保つ。

上半身をひねってパワーを蓄えることで、力強く、速いシュートを打てる。

矢印下 木

 

左半身を後ろに引き、右腕を前に出していく。

肩→ひじ→手首→指先の順番にボールを離していく。

矢印右 青チェック ボールは高い位置から離す。ジャンプの頂点で打てればさらにgood!

そうすれば、相手ディフェンスのブロックをかわすことができる。さらに、高いところからボールを打つことで、ジャンプシュートに角度がつき、ゴールキーパーはより対応がしづらくなり、確立が高まる。

 

見本動画

 


 

 

Point!

チェックマーク 赤 真上に飛ぶ。

もし前に飛ぶと、DFとの間合いが近くなってしまい、シュートを打ち切ることができなくなってしまう。さらに空中でのバランスも悪くなって、強い腕の振りができなくなり、より速くコントロールの良いシュートが打てなくなる。

※体幹トレーニングで体の中心の筋肉を鍛えることで、キレイにまっすぐ上に飛べるようになる!

 

 

Step up!

チェックマーク 青 打つタイミングを変える

ジャンプしてすぐに打つ「クイックシュート」。逆に遅くしてタイミングをずらすパターンも!(遅くする場合は、審判によってはオーバーステップを取られやすいので、そこは気をつけましょう)

歩数を減らす。こちらも効果アリ。攻撃のバリエーションが増え、相手のDFをやりにくくすることができる。

 

 

 

ジャンプシュートはハンドボールにおいて、基本中の基本です。

速攻の場面でキーパーとの1対1や、9m付近から打つロングシュート、サイドやポストも、ジャンプシュートが軸の形となっています。

言い換えれば、これを完璧にすることで、ほかのシュートの成功確率も格段と上がることにつながります。

まずはしっかりとジャンプシュートのポイントを無意識にできるまで、何回も練習を繰り返しましょう!

焦りは禁物ですよ^^

 

 

next title → ステップシュート|攻撃の幅が広がる!

 

効果バツグン!究極の練習方法を知りたい方はこちら←

Top