モテる!ハンドボールの上手くなるコツを完全網羅マニュアル

ハンドボールの上手くなるコツや投げ方です。掲示板にまとめ動画もあります。

*

サイドシュートとスピンシュートとしゃくり

 

 

 

サイドシュート

 

サイドシュート

 

 

サイドシュートは角度がないため、コースは限定され、ラインクロスにも注意しなければなりません。

キーパーの動きをしっかり見てコースを決めましょう!

 


 

 

サイドシュートの打ち方の解説とコツ

 

踏み切りのとき、速く・高く跳ぶことを意識する。

矢印右 青チェック 遠くへ跳ぼうと意識しない!そうすると、どうしてもジャンプが低くなってしまいます。高く跳ぼうとすることで、結果遠くに跳べるようになります。

矢印下 木

左肩を入れ、上体を倒さないままシュートを放つ。

矢印右 青チェック 上体を倒してしまうと打てるコースが狭くなり、ゴール確率が落ちてしまいます。倒さないようにするコツとしては、両目を水平に保つように意識することが方法としてあります。

矢印下 木

利き腕と逆サイドからのシュート(プロンジョンシュート)は身体を傾けて打つ。

矢印右 青チェック 逆サイドのシュートは怪我をしやすいです。そのため、「着地は手と足から倒れこむ」を徹底しましょう。怪我をしては意味がありません。事前の対処をして試合に備えましょう!

 

 

参考動画


 

 

Point!

チェックマーク 赤 キーパーの腰横を狙う!

GKにとって一番手や足が反応しにくいのが腰の横です。もちろん動きを見て狙いを定めますが、ココだ!というところが見つからなければ腰横で良いでしょう。

顔横、それから頭の上もねらい目です。

 

 

Step up!

チェックマーク 青 しゃくりを打とう!

しゃくりとは、下を打つと見せかけて上を打つ技です。キーパーにどれだけ下を狙っていると思わせられるかが鍵となってきます。

苦しい体勢でどうしても身体が沈んでしまっているときは特にキーパーは下と予測して動くので、逆をついてしゃくりを打つことができれば最高ですね!

手首の返しを意識しましょう。腕をしならせ、最後に手首をしっかり返すことがコツです。手首とひじを意識するとやりやすいかもしれません。

 

 

しゃくりサイドシュートの参考動画

 

 

 

スピンシュート

 

スピンシュート

 

ハンドボールのスピンシュートは魅せ技としてもよく使われてる、華やかなものです。

スカイシュートと同様に、観客を沸かせることのできるプレーですね。

しかし、難しいため、中学や高校の公式試合でスピンシュートを見ることは滅多に無いかと思います。

逆に言えば、これを使えるようになればほかの選手との差別化が可能になります。あいつはできないが自分ならできる。それがレギュラーへの道へとつながります!

※基礎のシュートが完璧にできるようになってからにしましょう。基礎ができていなければ応用ができても意味がありません。

 


 

 

スピンシュートの打ち方の解説とコツ

 

打つ場所にもよりますが、今回はサイドシュートの場面を想定しましょう。

まず、シュートの動作でキーパーにゴールの内側(ニアサイド)を意識させます。このとき、ボールは上です。

矢印下 木

ボールを抱えるようにもって、外に振り出すように腕を振ります。

矢印右 青チェック ボールを離すときにしっかりとバックスピンをかける!このスピンがかかればかかるほど大きく曲がってくれます。

 

 

スピンシュートは大変参考になる動画がありました!

深夜のニュース番組「Going!」で宮崎大輔選手が解説を含めて紹介してくれています。

今回のPoint!はこちらの動画が全て語ってくれてます^^

 

 

 

 

 

ハンドボールのサイドシュートにしゃくり、プロンジョンシュート、そしてスピン。

サイドのポジションを任されるプレーヤーはぜひ身につけておきたいスキルですね。

最低限サイドシュートは完璧にマスターしましょう!このシュートは速攻のシーンで使うときがあり、サイドだけにかぎらず、全員が確実に決めることができればチームの得点力は跳ね上がります。

 

 

 

back title → ループシュートでキーパーをかわすコツ

next title → 確実に決める!ポストシュートのコツ

 

効果バツグン!究極の練習方法を知りたい方はこちら←

Top